Home > 働き > 白髪染めの働き

白髪染めの働き

白髪染めはどのような手順で白髪が染まるのでしょうか。

ほとんどの白髪染めの商品は1剤と2剤を混ぜ合わせて使用するものとなっています。

1剤は酸化染料というものとなっています。

その酸化剤によって髪の毛を染めるということになります。

パラフェニレンジアミンなどの成分が入っており、色の素になるものになります。

この成分が2剤と合わさって色になるということになります。

酸化することで、発色するということになりますので、酸化染料と呼ばれています。

アルカリ剤の場合は、モノエタノールアミンなどがあり、二つの役割があります。

髪の毛の表面にあるキューティクルを開いて色の素となる成分を髪の毛の内部に入れていく形となります。

そして、アルカリ剤は、脱色の効果をより促進していきます。

2剤は、過酸化水素水です。

酸化染料を結合することによって発色をするようになります。

また、髪の毛のメラニン色素から色を抜く効果もあります。

白髪染めを塗る前はキューティクルが重なっている状態になっています。

そこに白髪染めを塗って染料を浸透させるようにします。

1剤と2剤の成分が混ざり反応しあいます。

そこで、染料が発色して白髪を染めていくということになります。

同時に髪の毛のメラニン色素を脱色していくことになります。

最後に、酸化染料が結合します。

その後元あった分子よりも大きくなるので、キューティクルの隙間からは染料が出てこなくなります。

結果、髪の毛の内部に白髪染めが完了するということになります。

Comments are closed.

TOP